ミュージカル『ラ・ラ・ランド』第74回ゴールデングローブ賞

今日は、2017年2月24日に公開される『ラ・ラ・ランド』です。
本作品は、『ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛』(2013年)、『10クローバーフィールド・レーン』(2016)で脚本を務め、『セッション』(2014年)で脚本、メガホンを握ったデミアン・チャゼルが自らの脚本を元に、ミュージカル映画化したものです。第73回国際映画祭では、高い評価を受けました。アカデミー賞受賞候補でもあります。第74回ゴールデングローブ賞受賞も決定しました。

出演はライアン・ゴスリング、エマ・ストーン、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ローズマリー・デウィット、ミーガン・フェイ、ジェイソン・フェイクス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、カーリー・エルナンデス、ジョン・レジェンド、ジョシュ・ペンス、アンナ・チャゼルです。

物語の舞台は、ロサンゼルスです。映画スタジオのカフェで働くミアは女優のオーディションを何度受けても落ちて、落ち込んでいます。ピアノの音色に誘われて、バーに入ったミアは、ピアノを弾くセバスチャンと出会います。セバスチャンは、ジャズのための自分の店を持つのを夢に持っていました。二度目に二人が出会ったとき、セバスチャンはポップスを弾いていました。「君は、首だ。」「クリスマスなのに。ジャズはあきらめる。」二人は互いの才能を認め合い、応援し合い、恋に落ちます。そんなとき、セバスチャンが生活のために始めたバンドが成功して、何かが壊れ始めます。

双方とも、同じ時に成功すれば、ハッピーエンド。そうならないから、ドラマが興味深いもの、奥の深いものになりますね。スケールの大きそうなミュージカルですね。二人の夢、恋、幸せは、どのように変化していくのかが楽しみな作品です。