映画『ひるなかの流星』結末と感想

1.あらすじと結末

主人公は、田舎で育った女子高生の与謝野すずめです。すずめは、親の海外転勤という理由で東京に住む叔父、諭吉に預けられ、一緒に暮らすことになります。すずめは、慣れていない東京で、叔父の家に行く途中、迷ってしまいました。そこですずめは、怪しい男から声をかけられます。すずめは逃げますが、途中で熱を出して倒れてしまいます。

 

気が付くと、すずめは叔父の家にいました。すずめは自分を助けてくれたのが、あの怪しい男であることを叔父から知らされます。あの怪しい男と叔父は、親友でした。すずめは、その怪しい男から「ちゅんちゅん」という不思議なニックネームをつけられてしまいます。

 

翌日、登校したすずめに「ちゅんちゅん」と話しかけてきたのは、あの怪しい男でした。ですが、この男、実はすずめのクラスの担任、獅子尾でした。

 

すずめの学校生活が始まります。初めはなんだかんだあって、仲間外れにされたすずめでしたが、隣の席の馬村と友達になり、クラスに打ち解けていきます。そして、すずめは、次第に自分のピンチをいつも助けてくれる獅子尾を慕うようになります。一方、獅子尾の方はというと、獅子尾もすずめのことが好きになります。ところが、馬村もすずめを特別視し、先生と生徒の奇妙な三角関係が展開されていきます。さまざまなことがあって、すずめは獅子尾に告白するも、玉砕、振られてしまいます。教師と生徒です。好意があったとしても、そこは許されない関係です。

 

獅子尾に降られた帰りに、すずめは馬村と出会います。そこで、馬村は「お前、俺のことを好きになればいいのに」と告白します。その後、また獅子尾の告白や馬村の告白が入り乱れて、最終的にすずめは、馬村を選びます。

 

すずめは、馬村と一緒に沖縄旅行に来ていました。でも、すずめは、心の片隅に獅子尾への想いを残していたのです。そこへ、獅子尾が入院したという知らせが舞い込んできます。馬村に送り出されて、すずめは東京に戻ります。東京では、獅子尾が最後の告白をします。かつては両想いだったことを、すずめも再確認します。ところが、すずめは、獅子尾との恋を過去の恋として、獅子尾の想いを受け入れられないと告げます。獅子尾もそれを了承します。

 

一方、沖縄では、馬村が東京に戻ったすずめを案じていました。ところが、そこにいないはずのすずめが現れ、馬村に向かって話し出します。獅子尾に対する想いを断ち切れなかったことと今の正直な気持ちです。そして、すずめと馬村は接吻します。

公開は、2017年3月24日の予定です。

 

2.スタッフ・キャスト

監督は『Life 天国で君に逢えたら』(2007年)、『潔く柔く きよくやわく』(2013年)、『四月は君の嘘』(2016年)の新城毅彦です。

 

主演は『俺物語!!』(2015年)、『PARKS パークス』(2017年4月22日公開予定)の永野芽郁です。

 

共演は『THE LAST MESSAGE 海猿』(2010年)、『BRAVE HEARTS 海猿』(2012年)、『カノジョは嘘を愛しすぎている』(2013年)の三浦翔平、『ROAD TO HIGH&LOW』(2016年)、『HIGH&LOW THE MOVIE』(2016年)の白濱亜嵐、『桜ノ雨』(2016年)、『暗殺教室 卒業編』(2016年)、『殿、利息でござる!』(2016年)の山本舞香、『HIGH&LOW THE RED RAIN』(2016年)の小野寺晃良、『WOOD JOB(ウッジョブ)神去なあなあ日常』(2014年)、『悲しみの忘れ方 DOCUMENT ARY of 乃木坂46』(2015年)、『図書館戦争 THE LAST MISSION』(2015年)の西田尚美、『ツナグ』(2012年)、『悪夢ちゃん THE 夢ovie』(2014年)の佐藤隆太などです。

 

3.感想

馬村は、終始いい男で印象的でした。最後は期待を裏切られて、獅子尾とハッピーエンドではなく、馬村とゴールインでした。しかし、それは良い意味での裏切りで、なかなかよい結末であったと思います。その後、6年間の交際を経て、馬村は指輪を用意して、すずめにプロポーズしようとします。馬村は、本当にすずめを大事にしてきたことがうかがい知れます。

『母』

1.作品概要

本作品は『蟹工船』(1929年)の作者プロレタリア文学作家小林多喜二の母セキの半生を描いた三浦綾子原作『母』(1993年)角川文庫を実写映画化したものです。

 

秋田県釈迦内村。セキは小作農と蕎麦屋で生計を立てている貧しい農家に生まれます。当時の小作農は、地主に50%の地代を払わねばなりませんでした。貧しい農家の娘たちは、身売りするしかありませんでした。セキの幼馴染の少女も売られていったほどでした。セキは15歳で小林家に嫁ぎ、三男三女を生み育てましたが、長男は病死します。多喜二は、次男でした。セキは優しい母親で、自分は字を書くこともできないのに、多喜二は叔父の世話で小樽高商(現小樽商科大学)を卒業させてもらい、銀行に勤めます。当時の銀行は、高給でした。ところが、多喜二は貧しい人々の立場に立った小説を書き、反戦を訴え続けます。多喜二の書いた小説は危険思想とみなされ、多喜二は治安維持法の下、特高警察の拷問によって、29歳の若さでこの世を去ります。セキは、息子が悪いことなどするはずがないと多喜二を信じ続けます。そんなとき、セキは娘のチマから教会に誘われます。イエスの死について話を聞かされたセキは、イエスと多喜二を重ね合わせます。

公開は2017年2月25日です。

 

 

 

 

 

 

2.スタッフ・キャスト

監督は『筆子・その愛 天使のピアノ』(2007年)、『大地の詩 留岡幸助物語』(2011年)の山田火砂子です。

 

主演は『ぼくのおじさん』(2016年)、『裏切りの街』(2016年)の寺島しのぶです。

 

共演は『道・白磁の人』(2012年)、『ばななとグローブとジンベイザメ』(2013年)、『歌舞伎町はいすくーる』(2014年)の塩谷瞬、『水の声を聞く』(2014年)、『おとぎ話みたい』(2016年)の趣里、『ジャイブ 海風に吹かれて』(2009年)、『告白』(2010年)、『ベイブルース25歳と364日』(2014年)の山口馬木也、『王立宇宙軍オネアミスの翼 サウンドリニューアル版』(1997年)、『ミュージックソン THE MOVIE オードリーの爆笑24時間宣言』(2012年)の徳光和夫などです。

 

3.まとめ

三浦綾子の『母』はセキの語りというかたちで描かれた小説です。セキや多喜二の見せるやさしさゆえか、温かな気持ちになれます。

静かな闘い『普通じゃない職業』

 

 

1.作品概要

真夜中、ビルの谷間で殺人が起きます。その殺しは「生まれつきの殺し屋」金の仕事でした。翌朝、金は仕事の報酬を受け取りに、元締めをしているバーのマスターに会いに行きます。そこには、先客がいました。その男は、昔マスターが雇っていた「プロの殺し屋」大和でした。マスターは大和を冷たくあしらい、店から追い出すと、金に報酬を渡して次の仕事があると言います。その依頼は、多額の借金を抱えた高村が生命保険で借金を返済するために自分を殺してほしいという奇妙な話でした。家族のために自分の命を捨てることが理解できない金は、街をさまよいますが、自分を尾行している大和に気づきます。

公開は、2017年2月25日です。

 

2.スタッフ・キャスト

監督・脚本は、『KIDS=ZERO キッズ=ゼロ』(2014年)の須上和泰です。

主演は『獣電戦隊 キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ』(2014年)、『俺たち賞金稼ぎ団』(2014年)の金城大和と『1/11 じゅういちぶんのいち』(2014年)の楡木直也です。

 

共演は『るろうに剣心』シリーズ、『虎影』(2015年)の島津健太郎、『青春ディスカバリーフィルム』シリーズの富田翔、『第九条』(2016年)の荒牧慶彦などです。

 

「プロの殺し屋」と「生まれつきの殺し屋」、どちらが強いのでしょうか、楽しみです。

『フレンチ・ラン』2017年3月4日公開あらすじ、キャスト

CIAのアウトローこと、型破りで自分の直感のみを信じる捜査官ブライアーとラスベガスからパリに来た天才スリ師マイケルが犯人捜査をするアクション映画。革命記念日前夜、警察が爆弾魔の写真を公開。誤って爆弾の入ったカバンを盗んだマイケルが爆弾魔として逮捕されます。取調室でマイケルの腕を認めたブライアーは二人で真犯人を捜すことをマイケルに提案。疑いを晴らすためです。タイムリミットは36時間。

 

監督は『ディセント2』(2009年)、『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』(2012年)のジェームズ・ワトキンズ。

 

捜査官ブライアーを演じるのは、『ゴーストライダー2』(2012年)、『ズートピア』(2016年)、『ジャングルブック』(2016年)のイドリス・エルバ。

 

天才スリ師マイケルを演じるのは、『シンデレラ』(2015年)のリチャード・マッデン。

 

このはみだしコンビは真犯人を見つけ出し、パリを救うことができるのか、ハラハラドキドキ注目の作品です。

『バーフバリ 伝説誕生』日本公開

2017年4月8日に公開される『バーフバリ 伝説誕生』は『バーフバリ the beginning』の後編にあたる作品である。

 

あらすじは、孤児として育ったシバドゥがアヴァンティカという美しい女戦士と出会い、恋をする。彼女の一族が戦っているヒューシマティ王国との戦いに自分も協力することを申し出、城に行くと囚われていた元王女が自分の母親だった。

 

というのが『バーフバリ the beginning』、『バーフバリ 伝説誕生』はヒューシマティ王国の真の継承者が自分だったことを知ったシバドゥが、暴君を倒し、王権を奪還するというすじらしい。

 

気になったのは、物語展開だけではない。シバドゥ達とその敵が身に着けている鎧だ。

 

韓流テレビドラマ『ソドンヨ』(2005年9月~2006年3月)や『風の国』(2008年9月~2009年1月)のように、ドラマのために創り出された鎧かなあということだ。『ソドンヨ』にしても、『風の国』にしても、おもしろかったから、ドラマはよかったが。

 

バーフバリの場合、時代設定がよくわからず、ファンタジーアクション大河ドラマのようだから、そこまで言及するのは、おかしいかもしれないが。

 

しかし、気になる。シバドゥの鎧は予告編を見る限りでは、なめし皮のような感じで、兜はない。敵の方は、立派な鎧兜をしている。それらの鎧は、なぜか、ローマの鎧を思い出させる。インドというとマハラジャ、黄金のイメージからなかなか抜け出せないから、このようなあほな疑問がわいてくる。

 

それで、南インドの歴史をちょっとだけみていこう。

 

インドに統一国家形成が始まったのは、紀元前4世紀末のことだ。きっかけは、アレクサンドロス大王のインダス川流域への進出に伴うものだった。しかし、これは北インドの話。

 

紀元前1世紀頃から南インドにはサーダヴァーハナ朝があり、インド洋交易でローマと盛んに交易し、栄えていた。その後も北インドほどではないが王朝が何回か変わり、9世紀頃にも海の道と呼ばれるインド洋圏でギリシャ人商人と盛んに商取引をしている。

 

このようにみてみると、『バーフバリ the beginning』、『バーフバリ 伝説誕生』で主人公シバドゥ達が身に着けている鎧は、ローマのそれに似ていても、それほどおかしくはない。

『はじまりへの旅』

今日は2017年4月1日に公開される『はじまりへの旅』です。
この作品は、『恋は邪魔物』(2003年)、『アビエイター』(2004年)のマット・ロスが自らの脚本を元に映画化したものです。また本作品は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門、監督賞受賞作品です。

出演は、『サイコ』(1998年)のサミュエル・ルーミス、『ダイヤルM』(1998年)のディビッド・ショウ、『ロード・オブ・ザ・リング』(2001年)、『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』(2002年)、『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』(2003年)のアラゴルンを演じたヴィゴ・モーテンセン、『サンシャイン 歌声が響く街』(2013年)のデヴィを演じたジョージ・マッケイ、『フロスト×ニクソン』(2008年)のリチャード・ニクソン、『ノア 約束の舟』(2014年)のオグを演じたフランク・ランジェラーなどです。

物語の始まりは、アメリカ北西部の森?です。ベン・キャッシュー一家は、現代社会から隔絶されたアメリカ北西部の森深くに住んでいました。彼らの習慣は変わっており、一家の家訓は、①裸で暮らす②獲物は自分でさばく③6か国語は必須④食べるときは服を着る⑤家族はどのようなときも一緒。18歳の長男は有名大学をすべて合格するほど優秀であり、子供達は皆、アスリート並みでした。ある日、入院していた母レスリーが亡くなります。葬儀を行うため、母の最期の願いを叶えるため、彼らはニューメキシコに向けて旅に出ます。

アメリカ北西部の森で裸。寒くないのでしょうか。鍛えられているから、平気!?コーラもホットドッグもマクドも知らない子供達が外界を旅すれば、ものすごいカルチャーショックでしょうね。わくわく、どきどき笑いが絶えない興味深い作品ですね。一方で、この作品は、皆が同じようなこと、同じようなスタイルで生活している今日の社会において、皆と同化していることが普通なのか!?考えさせられる作品であると思います。いろいろな意味で。

『破門 ーふたりのヤクビョーガミ-』

今日は、2017年1月28日に公開される『破門 ーふたりのヤクビョーガミ-』の紹介です。
この作品は黒川博行の疫病神シリーズ、『疫病神』(1997年)新潮文庫、『国境』(2001年)講談社文庫、『暗礁 上下』(2005年)幻冬舎、『螻蛄』(2009年)新潮社、『破門』(2014年)第151回直木賞受賞作品 角川書店、『喧嘩(すてごろ)』(2016年)角川書店のシリーズ第5作目が映画化されたものです。疫病神シリーズの映画化としては初の作品で、監督は『毎日かあさん』(2011年)、『マエストロ』(2015年)の小林聖太郎です。黒川作品の映像化は、WOWWOW連続ドラマの『煙霞 -Gold Rush-』(2015年ドラマ放映、2011年文春文庫)のほか、『破門』(2014年 角川書店)が2015年にスカパーで実現されています。

出演は佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、濵田崇裕、矢本悠馬、木下ほうか、中村ゆり、橋本マナミ、キムラ緑子、宇崎竜童、國村隼、橋爪功などです。脚本は大阪府出身の真辺克彦と福岡県出身の小嶋健作、主題歌は関ジャニ∞の『なぐりガキBeat』です。

主人公は、やくざの桑原保彦と口は達者ではあるが、貧乏な建築コンサルタントの二宮啓之です。二人は、橋爪功が演じる小清水隆夫と橋本マナミの演じる玲美に映画製作資金3000万円を持ち逃げされてしまいます。桑原保彦と二宮啓之は、トンズラしたお調子者映画プロデューサー小清水と玲美を追って、関西、マカオ、香港を奔走するハメになります。桑原保彦と二宮啓之は、小清水を捕まえては逃げられ、捕まえては逃げられというハチャメチャな追跡を繰り返しているうちに、大きなトラブルに巻き込まれることになります。それまでは追っていた者が、今度は何者かに追われるハメになり、さらには桑原保彦が絶縁されるか、破門されるかの瀬戸際に立たされることになります。絶縁されれば、ただで済まないらしく、殺されるか、埋められるからしいです。絶体絶命の状況に直面した桑原保彦と二宮啓之は、生き残りをかけて勝負することになります。

原作を踏まえて、感想がいくつかあります。
第一に、ギャンブルシーン。
黒川氏は大のギャンブル好きであるそうですが、マカオのカジノでルーレット、ブラックジャックなどをするシーンがあります。非常にリアリティがあり、勉強になります。何の勉強でしょうか?怖いです。ギャンブルは、危ないです。
第二に、血なまぐささを感じません。
第三に、会話のやり取りが、おもしろいですよ。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』主演・主題歌;高畑充希、共演:満島真之介、高橋英樹、江川洋介

今日は、2017年3月18日に公開される『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』です。
監督は、TVアニメシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(2002年)、『攻殻機動隊 S.A.G 2nd GIG』(2004年)、『精霊の守り人』(2007年)、『東のエデン』(2009年)、映画、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(2006年)、『東のエデン総集編 Air Communication』(2009年)、『東のエデン劇場版Ⅰ The King of Eden』(2009年)、『東のエデン劇場版Ⅱ Paradise Lost』(2010年)、『009 RE:CYBORG』(2012年)を手掛けた神山健治です。

現在、神山祭開催中。神山健治監督作品がhulu、dアニメストア、バンダイチャンネル、auビデオパスで、本日から3月31日まで配信されます。ただし、auビデオパスにおいて配信される『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』、『東のエデン劇場版』は、2月1日からです。
ヒロイン、森川ココネの声を担当するのは、高畑充希。「岡山弁は関西弁のイントネーションと微妙に違いがあるため、難しかった。」とか。共演には『夏目漱石の妻』(2016年)の満島真之介、『ドクターX ~外科医・大門未知子』(2014年)、『逃げ恥』(2016年)の古田新太、前野朋哉に加え、高橋英樹、江口洋介という豪華キャストです。主題歌『ディ・ドリーム・ビリーバー』は森川ココネこと高畑充希が歌っています。

物語の主人公は、森川ココネ、女子高生。岡山県倉敷市で父親と二人で暮らす平凡な女子高生です。ココネの特技は寝ること、そう、「ひるね」でした。「夢まで見とんたっか、森川。」先生に出席簿で頭をこつんと叩かれる。「せんせえ~。」彼女は、最近、同じ夢を繰り返し見ることになります。ココネには考えるべきこと、進路のこと、家族のことなどいろいろあるはずなのにです。平凡な女子高生最後の夏、事件は突然、起きます。2020年、東京オリンピックの3日前、突然、ココネの父親が警察に逮捕され、東京に連行されます。「お父さん、何やったんじゃろか。」ココネは自分の見た夢が次々と現実化することに気づき、状況打開の手がかりがいつも見る夢に隠されていることを意識します。「今朝からこの夢、現実とつながっとる。」ココネは次々と現れる謎を解決するため、大学生で幼馴染のモリオ(声:満島真之介)と一緒に東京に向かいます。「ワタシ、ちょっと寝るわ。お尻触ったら、いけんよ。」「さ、触るかぁ~‼」すべてを知るために、彼女は眠ります。夢の先にあったのは、「知らないもう一人のワタシ」でした。ただひとつの手がかりは、「ひるね」で見る夢。ココネは、夢と現実を旅します。

昼寝が武器というのは、突飛で滅茶苦茶おもしろいですね。何だか、のほほんとした感じがします。夢と現実を行き来して、もう一人のワタシに出会うというのも、おもしろい発想だと思います。それに、方言が使われているせいか、親しみやすいですね。筆者にも広島県出身の友人がいますが、よく「〇〇したらいけんよ。」と言っています。広島と岡山、似たような方言なんですね。