千と千尋の神隠しで湯婆婆が砂金を見てハクに、にやりと笑いかけるシーンについて

ハクが湯婆婆に「まだわかりませんか、大切なものが入れ替わったのに。」と言います。それに対して、湯婆婆が砂金を見てにやりと笑うシーンについて、湯婆婆はなぜ笑ったのでしょう。

 

湯婆婆は、金の亡者です。そのような湯婆婆にとって、砂金は大事なものとうつったのでしょう。砂金が入れ替わったのか、いや、すり替わっていない。大丈夫。それを再確認して、湯婆婆はにやりとハクに笑いかけます。

 

ハクが言ったことの意味は「ぼう」と小さなカラスがモルモットと虫になり、頭だけの怪物?用心棒?が「ぼう」に入れ替わったことを指していました。

 

金の亡者である湯婆婆は砂金の方にまず目が行き、「ぼう」のことまで頭が回らなかったのですね。そこにギャップが生じました。

 

これじゃない。湯婆婆は砂金がすり替わったのではないことを確認したうえで、「ぼう」の姿を探します。そして、「ぼう」が入れ替わっていることに気づきます。そのときには、笑みは完全に消失しています。

『千と千尋の神隠し』のハクの衣装について調べてみた。

上半身は、狩衣という平安貴族の普段着に似ています。水干とも似ています。どちらかなのでしょう。ハクは龍神、川の神の化身なので、そのような服装をしていても、奇妙ではありません。神社の神職もまた、類似した衣装をしているでしょう?

 

それでは、ハクの衣装は狩衣なのでしょうか、水干なのでしょうか。

 

狩衣と水干について調べてみました。

 

狩衣と水干の違いは、水干には襟を止めるための長いひもがついている点にあります。ハクの衣装にそれがついていれば、水干、なければ狩衣になるでしょう。着る方法は、袴に裾を入れる方法と入れない方法があって、そこでは判別は付きにくいと思われます。

 

平安時代末期になると、都の庶民の多くが水干を着ていたと伝えられていますが、ハクは庶民ではないのでこれには当たりません。庶民が麻を染めたりすったりして着色していたのに対して、貴族は高級生地を使用していたことなど、水干が多用されていたことはわかります。

 

鎌倉時代から室町時代には公家、武家の元服前の礼装として水干が多用されてきたといわれています。江戸時代にはすたれているそうですが、第二次世界大戦後は略装として女性神職のユニフォームに水干が使用されているところもあります。

 

このようにみてくると、『千と千尋の神隠し』のハクは男子ではありますが、神であること、元服前かどうかは不明ですが。小さな川の神であるならば、年齢不詳でも少年の姿で表わされるかもしれませんが。いずれにせよ、ハクの衣装は水干か狩衣のいずれかであると思われます。

『シャイニング』のジャック・ニコルソン、記憶力低下で俳優業は引退

ジャック・ニコルソンといえば、『シャイニング』が有名ですね。記憶力低下で俳優業を引退されるそうです。79歳であるそうですね。

 

『シャイニング』のあらすじ

小説家志望のジャック・トランスはコロラド州ロッキー山上にあるオーバールックホテルの管理人として入るべく、家族連れで訪れました。同ホテルは雪深いため冬季は閉鎖され、管理人を必要とするのです。

 

支配人アルマンは「このホテルは以前の管理人チャールズ・クレイディが孤独のあまり、家族を斧で惨殺し、自らも自殺したといういわくつきの物件」というものの、動じないジャックは妻ウェンディー、息子のダニーと住み込むことにします。ダニーはシャイニングという能力を持っており、ここで超常現象を目にします。

 

ホテル閉鎖の日、料理主任ハロランは、ダニーとウェンディーを連れてホテルの中を案内します。その際、ハロランはダニーが自分と同じシャイニングの能力者であることに気づき、「このホテルには何かが存在する。」と話します。

 

こうして、オーバールックホテルで3人だけの生活が始まります。3人だけの生活になると、自分の思い通りにならない人生や家族を疎ましく感じるジャックとウェンディーの間に軋轢が生まれます。ホテルの邪悪な意思によって、狂気に走るジャック。暴行を働きだしたら、ためらわずに凶行をし続け、ついにはハロランを殺害するに至ります。

 

ウェンディーとダニーは、ハロランの乗ってきた雪上車に乗って逃げます。最後にはジャックは凍死しホテルの過去の写真の1人に入り、ホテル内の邪悪な意思に取り込まれました。

乃南アサのベストセラー小説映画化『しゃぼん玉』予告編だけでも感動しそう

2017年3月に京都シネマ、テアトル梅田、シネマート心斎橋他で上映される本作品は、乃南アサのベストセラー小説『しゃぼん玉』(2008年)新潮文庫を元に実写映画化された作品だ。

 

通り魔や強盗傷害などの犯罪に手を染めてきた主人公、伊豆見翔人。逃亡の末、宮崎県北部の山村に迷い、怪我をした老婆スマを助けることに。雨の中、こけているスクーターを起こし、振り返る伊豆見。スマ「ぼ~う。ええとこへ、来た。やれ、助かった。」

 

家で、スマ「ありがとう。ほんに。」スマの家に居座るようになる伊豆見。伊豆見寝巻のままで、「ばあちゃんさあ、ここどこ?」スマ「そりゃあ、あんた、宮崎やわ~。」食卓に並ぶ郷土料理。食事する伊豆見、「うまい。」スマ「あんた、そのはしの持ち方、直したがえ~どぅ~。」茶碗を置いて、はしを見つめる伊豆見。

 

百姓姿でスマ、「ぼ~う。」寝間着姿でくつろぐ伊豆見。村人やスマと交流しているうちに、伊豆見の心が和らいでいく。村人「あんた~、まだ、そんなかっこうしとるんだかぁ~。」シゲ爺「わしの手伝いせんか?」「じいちゃんの」服を着替えて山に登る伊豆見、「ああ~。」シゲ爺「しっかりせんか。」

 

そんなある日、10年ぶりに村に帰ってきた美和と出会ったことによって、自分の犯した罪を自覚・意識し、人生をやり直そうとするというあらすじだ。美和「いいなあ。自由な感じで。」伊豆見「しゃぼん玉みていなもんかな。風に吹かれて。ふらふらするだけ。帰る場所がないだけで。」村人「よかったよ。みっちゃん元気になってぇ~。」「何か、あったんすか?」村人「あのね~。通り魔にあったとよ~。それで、ショック受けてね~。」

 

公開された予告編を見て、逆起こしにして、脚本の練習をしていたわけではないが、練習にはなる。

 

脚本・監督の東伸児さんは大分県出身だから、方言の感覚が身についているんですね。筆者も、シナリオを練習するといつも、関西弁やら京都弁が出てしまう。シナリオの師匠からは、「標準語で書いてください。方言は方言で、ちゃんと直す係の人がいます。関西弁で書くと、落とされることもありますよ。」と教わった。

 

予告編を見ていると、宮崎北部の水というか、人々の温かさまで伝わってくる気がする。なかでも、市原悦子の演じるスマ、綿引勝彦の演じるシゲ爺がよかったなあ。藤井美菜の演じる美和とのやり取りもよかった。是非見てみたい作品だ。

『ジャッキー ファーストレディー 最後の使命』キャスト、あらすじ

今回は、2017年3月31日に公開される『ジャッキー ファーストレディー 最後の使命』です。

 

本作品は、ジャッキーの愛称で親しまれたファーストレディー、ジャクリーン・ケネディの実録映画で、アカデミー賞最有力候補、ゴールデングローブ賞にノミネートされ、第73回ヴェネツィア国際映画祭脚本賞受賞、第41回トロント国際映画祭プラットフォーム賞受賞作品です。

 

監督は『NO』(2012年)、『グロリアの青春』(2013年)、『ザ・クラブ』(2015年)のパプロ・ララインです。制作は『ブラック・スワン』(2010年)でアカデミー賞監督賞にノミネートし、『ノア 約束の舟』(2014年)で監督・プロデュース、脚本を手掛けたダーレン・アロノフスキーです。脚本は、ノア・オッペンハイムです。

 

主演は『レオン』(1999年)のマチルダ役、『スターウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』(1999年)、『スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』(2002年)、『スターウォーズ エピソード3 シスの復讐』(2005年)のパドメ・アミダラ役を演じ、『ブラック・スワン』(2010年)ではアカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマンです。

 

その他の出演はピーター・サースガード、グレタ・ガーウィング、ビリー・クラダップ、ジョン・ハートなどです。

 

ストーリー

1963年11月22日、ケネディー暗殺から4日間、最愛の夫を伝説に変えたファーストレディーの物語。テキサス州ダラスでのパレード中、ジョン・F・ケネディーが彼女の目の前で暗殺されます。

 

事態を受け入れられない幼い子供達の対応に追われながら、葬儀を行い、昇格する副大統領の大統領就任式に出席し、ホワイトハウスを出ていかなくてはなりません。彼女はいろいろな感情に揺れ動きながらも、最も許しがたいことに集中します。ジャクリーン・ケネディが最も許しがたいこととは、暗殺された夫が「過去の人」として取り扱われ、語られるようになったことでした。「忘れさせない、夫が輝いた時間を。」

 

コメント

ファーストレディーから一転、前大統領夫人に転落した女性が戦う姿は鬼気迫るきがします。普通の人ならば、パニックを起こしても不思議ではない状況でしょう?それだけに、彼女がどう戦ったのか、映画館で確認するのは、興味深いところですね。また、ナタリー・ポートマンがまとっている1960年代の衣装が印象的ですね。