フラメンコの聖地『サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ』

1.作品概要

スペイン、アンダルシア地方、グラナダ県サクロモンテ地区。サクロモンテ地区は、迫害を受けたロマたちが集い、イスラム文化と融合して独自の文化が生み出されました。ロマたちが洞窟で暮らしていたことから、洞窟フラメンコが生み出されます。その情熱的な歌や踊りは、世界中を熱狂させます。ところが、1963年、ロマたちは不世出のフラメンコダンサー、カルメン・アマヤの死、大洪水によって住むところを失われるという悲劇を経験します。

本作は伝説のフラメンコ・コミュニティに入り込み、迫害や大洪水など悲しい経験を乗り越えてきたダンサー、歌い手、ギタリストなどへのインタビューを通じて、世界でも重要視されているフラメンコ・コミュニティのルーツをたどることで、洞窟フラメンコが代々引き継がれていく様相を映し出すドキュメンタリー作品です。

 

 

 

2.スタッフ・キャスト

監督は、『デリリオ 歓喜のサルサ』(2014年)のチュス・グティエレスです。彼女は1962年グラナダ生まれで、現在、スペインで信望が厚く重要な監督の一人とされています。子供の頃、両親にタブラオに連れて行ってもらい、それ以来、何度もサクロモンテを訪れているとか。

 

出演は監督チュス・グティエレスとともに脚本を手掛けたクーロ・アルバイシン、ライムンド・エレディア、ペペ・アビンチュエラ、ハイメ・エル・バロン、フアン・アンドレス・マジャ、チョンチ・エレディア、マノレーテです。

 

3.まとめ

この映画の紹介文を書くまで、実は私はサクロモンテがロマによるフラメンコの聖地であることを知りませんでした。ヨーロッパから迫害され、洞窟に居住したロマの歌と踊りが、イスラム文化と融合してフラメンコが誕生していきます。魂の叫びのような歌とリズム、強烈な踊り。彼らは1963年の大洪水で済む場所も何もかも、すべてを失い、フラメンコだけが残ります。それでも、彼らの文化は悲しい経験を乗り越え、すべてを受け入れ、ロマたちは踊り続けます。

“フラメンコの聖地『サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ』” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です