『シャイニング』のジャック・ニコルソン、記憶力低下で俳優業は引退

ジャック・ニコルソンといえば、『シャイニング』が有名ですね。記憶力低下で俳優業を引退されるそうです。79歳であるそうですね。

 

『シャイニング』のあらすじ

小説家志望のジャック・トランスはコロラド州ロッキー山上にあるオーバールックホテルの管理人として入るべく、家族連れで訪れました。同ホテルは雪深いため冬季は閉鎖され、管理人を必要とするのです。

 

支配人アルマンは「このホテルは以前の管理人チャールズ・クレイディが孤独のあまり、家族を斧で惨殺し、自らも自殺したといういわくつきの物件」というものの、動じないジャックは妻ウェンディー、息子のダニーと住み込むことにします。ダニーはシャイニングという能力を持っており、ここで超常現象を目にします。

 

ホテル閉鎖の日、料理主任ハロランは、ダニーとウェンディーを連れてホテルの中を案内します。その際、ハロランはダニーが自分と同じシャイニングの能力者であることに気づき、「このホテルには何かが存在する。」と話します。

 

こうして、オーバールックホテルで3人だけの生活が始まります。3人だけの生活になると、自分の思い通りにならない人生や家族を疎ましく感じるジャックとウェンディーの間に軋轢が生まれます。ホテルの邪悪な意思によって、狂気に走るジャック。暴行を働きだしたら、ためらわずに凶行をし続け、ついにはハロランを殺害するに至ります。

 

ウェンディーとダニーは、ハロランの乗ってきた雪上車に乗って逃げます。最後にはジャックは凍死しホテルの過去の写真の1人に入り、ホテル内の邪悪な意思に取り込まれました。

“『シャイニング』のジャック・ニコルソン、記憶力低下で俳優業は引退” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です